ヴァイオリン教室 #132

3月の3回目。お二人の先生方による指導だった。 初めにカイザー4番の復習から。次に6番の2回目。「新しいバイオリン教本第3巻」は65番「ブラームスの子守歌」、41番ボッケリーニ「メヌエット」、42番ヴィヴァルディ「コンチェルトイ長調」をピアノ伴奏付きで弾いて終了となった。満4年、136回続いたヴァイオリン教室は今回で解散した。 レッスン終了後にお茶会を開催し、先生方に花束を贈呈してお開きとなった。136回中、私は132回出席。4年間で4回の欠席。

 

教室を自主運営に切り替えて4月以後も継続する案件については3名の希望者は沈黙していた。その他のオケに入団する数名は月末からのオケ練習に期待しているようで継続には関心がない様子。小人数では途中で退会者が出るだろうから教室の維持は難しくなる。同じようなグループレッスンを受けたければ、4月から始まる次期ヴァイオリン教室に再参加して最初からやり直す選択肢もあるだろう。ということで積極的な呼びかけは控えた。

 

自主運営化したチェロ教室の事務を4年近く担当している私は、それなりのノウハウを持っているけれど、意思表示を明確にしない人が多いグループのお世話は難しい。ヴァイオリン教室は主催者から派遣された幹事が最後までイニシアチブを握って面倒を見ていたため、生徒は言われるまま行動すればよく、自分たちで何かを考える必要は生じなかった。甘やかされていたともいえる。その点、幹事が途中で辞めてしまい主催者と生徒の間に溝が出来たチェロ教室では、自主運営の考え方が早い段階で芽生えていた。3年で満了する予定の教室は、2年半が経過した時点で自主運営に切り替わり、現在も継続している(通算で7年目)。現役サラリーマンが多かったチェロ教室(土曜の午前中に開催)と、高齢者と主婦が主体のヴァイオリン教室(金曜の午後に開催)の生徒の気質の違いも影響しているだろうが、同じ地元オケが主催した二つの教室を比べると、集団としての意思決定のありように違いを感じる。

 

 

    にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

弦楽四重奏の次の曲はハイドンの「五度」

1月から始まった平日に活動するカルテットは、現在モーツアルトの若書きの弦楽四重奏曲第4番を練習している。4月6日に公開演奏をする予定で、5月から練習する曲としてハイドン弦楽四重奏曲76番「五度」(Op76-2)を提案したら、他の3名が賛同してくれて「五度」に決まった。

https://www.youtube.com/watch?v=9mvEQ7QQGIA

 

ハイドン後期の名作「エルデーディ四重奏曲」6曲セットに含まれる曲である。「五度」は連作中の2番目にあたる。3番目には有名な「皇帝」が、4番目には「日の出」、5番目には「ラルゴ」なんて曲も含まれている。エルデーディ伯爵に献呈されたのでこの名があるそうだ。作曲は1797年。2度にわたるイギリス旅行からウィーンに帰って最初に書かれた主要作品とのこと。当時ハイドンは64歳。円熟期の名作だから演奏機会も多い。「五度」は第1楽章冒頭に出てくる五度下降動機からこのあだ名がついている。チェロパートはそれほどややこしくないが、ヴァイオリンは負担が大変だと思う。平日カルテットのファーストさんはセミプロ級の腕前だし、ヴィオラはプロの方だから心強い。

 

手元にあるCDを調べたら11種類あった。ハイドン弦楽四重奏曲全集CDは3種類持っている(エンジェルス四重奏団、コダーイ四重奏団、ブフベルガー四重奏団)。どれも21枚から23枚の分量があるから全部は聞いてない。この中では旧Philips(現在はデッカから発売)のエンジェルス盤が好印象だった。アメリカのカリフォルニアあたりが本拠地らしく、今風のスマートなスタイルでそつがない。教会でセッション録音しているため残響が長く、4人の音がまとまって聞こえるため分離はよくないけれど音の鮮度はいい。この四重奏団の他の録音はあるのだろうか?活動の詳細は不明である。

 

f:id:seivoci0004:20190313025526j:plain

  

ナクソスから出ているコダーイ四重奏団のCDも教科書的な模範的演奏で参考になる。ハンガリーの団体が楷書体の折り目正しい演奏を聞かせる。ブリリアントから出ているブフベルガー四重奏団はドイツの団体らしい。角ばった芯の強い音楽をする。第4楽章でファーストが大胆なグリッサンドを聞かせるのでビックリする。旺盛な表現意欲は面白いけれど、ちょっとくどいところもあるから、繰り返し聞くと飽きてくるかも。

 

f:id:seivoci0004:20190313025550j:plain

 

単発で出ているCDの中ではウェルナー・ヒンクなどのウィーン・フィルのメンバーによるウィーン四重奏団盤(カメラータ)がよい出来だった。エレガントで上品な鮮やかさが魅力的。

 

f:id:seivoci0004:20190313025606j:plain

 

モザイク四重奏団盤(アストレ)はピリオド派の演奏といっていいのだろう。ヴィブラートを抑制した硬派の音で攻めてくる。ゴリゴリした古漬けのタクアンみたいな感触があって、アクの強さが目立つ。DGから出ているアマデウス四重奏団の演奏、今となっては構えたような仰々しいところがある古いスタイルで、合奏精度も緩いところがある。残響が殆どない録音は生々しいけれど、きつく聞こえる。

 

東京クアルテット(全員が日本人だったころの録音)は切迫感のある気迫がこもった演奏を披露していいる。それが青いというか余裕が足りないというか、若い感じにも聞こえるのだが。リンゼイ四重奏団は小気味よい鮮やかさが粋だし、タートライ四重奏団(ハンガリーの団体、ハイドン弦楽四重奏曲全集録音を完成している)は、スローテンポでのんびりと弾いている。フィルハーモニア・クアルテット・ベルリンは、ベルリンフィルのメンバーによる演奏で、手堅い堅実さに好感を持つが、ちょっとくすんだ録音でもあり、今一つ決め手に欠ける。クイケン四重奏団はピリオド派らしくピッチが低いし弾き方も随分と違う・・・と、いろいろ聞いてみたが、エンジェルス、コダーイ、ウィーンの3団体の録音があれば私には十分だと思った。

 

「五度」は繰り返し指定が多いので、全部繰り返すと演奏時間がかなり長くなる。第3楽章メヌエットには「魔女」のあだ名があるという。主部はカノンで、2本のバイオリンのオクターブ、ビオラ・チェロのオクターブの実質2声で奏される。おどろおどろしい劇的な雰囲気が面白い。こういう曲はアンサンブルの精度を高める練習が出来るので勉強になるだろう。弦楽合奏団とかオーケストラもそれなりに面白いが、各パート1名の弦楽四重奏は緊張感が違う。もっと早く始めればよかったと思っている。

 

 

 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

 

チェロ・アンサンブル#80

O先生のレッスン、3月の1回目。5名が出席。サポージニコフ教本は86番から88番までをさらった。3曲とも厄介な重音が出てこないのでスムーズに進んだ。後半はチェロ4重奏用に編曲されたメンデルスゾーン「結婚行進曲」の1回目の練習をした。1番のみテノール記号の楽譜となるのでハイポジションが難しいが、他の3パートは似たようなフレーズが多く、単調な印象もある。事前にどのパートを希望するかメンバーに聞いたら1番の希望者はゼロで私が担当することに。

 

いざ練習が始まると、比較的簡単なパートを弾いている人たちはホイホイとテンポアップ。となると1番は大忙しで、ポジション移動が頻出するため追随が困難に。他パートの音を聞きましょうと先生から注意されているけれど、頭では理解出来ても身体が対応しないというか、思うように右手が動かないので、アンサンブルはギクシャク。周囲と溶け合うように音量や音色をコントロール出来るといいのだが、ボーイングに難があるため尖った音も混ざってくる。新曲の初回はまとまらないが、担当パートを順番にローテーションする予定だから、全員が1番を担当したら落ち着いてくるだろう。

 

 

 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

 

ヴァイオリン教室 #131

3月の2回目。I先生による指導だった。 初めにカイザー4番の復習から。次に6番の1回目。「新しいバイオリン教本第3巻」は65番「ブラームスの子守歌」、41番ボッケリーニ「メヌエット」、目42番のヴィヴァルディ「コンチェルトイ長調」の復習をやった。来週の最終レッスンでこの3曲をピアノ伴奏付きで弾くためとのこと。

 

いよいよ残りのレッスンは来週の1回のみとなった。私がこの教室に参加した理由は、最近の指導方法を体験してみようと思ったためである(同様の理由で参加した経験者は他にも複数いたようだ)。しかし私が数十年前に習った個人レッスン(白本使用)とほぼ同じ話を聞かされ、指導法が進歩していないことには驚いた。

 

それを考えると、ヴァイオリン教室を自主運営に切り替えて4月以後も継続しても得るものは少ないかもしれない。前回意見を伺った3名の継続希望者は誰かが世話をしてくれるなら、お客さんとして参加してもいいぐらいの考えのようだ。自主運営の場合、事務局(会場予約、先生の日程調整など)の負担が問題になるが、そういうマネージメントについては興味ないようだし、4月から再スタートするなら練習場所の確保が急務になってくるけれど、そこまで考えが及ばない様子。

 

オーケストラに入団する予定の人たちは自動的にグループ活動が継続するから、自主運営教室の必要性を感じていないのだろう。白本の3巻も終わってない段階でオーケストラに参加するのは大変なことだが、本格的なアンサンブル経験がない人にとっては、オケは憧れなのかもしれない。

 

 

 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

 

弦楽合奏#26

ファースト4名、セカンド5名、ヴィオラ2名、チェロ3名が参加。14時開始。最初基礎練習を50分間。スタッカートを中心とするオリジナルメニューとヘンデル 合奏協奏曲 No.6-2 第3楽章。

 

15時からは曲の練習。Mozart 「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」第1楽章の1回目から。冒頭の3重音はガッツリではなく、はんなりと響かせるよう指導者さんから要求された。宮廷音楽らしいエレガントな弾き方が必要とのこと。他にもレガートで弾くことが多い部分をスタッカートに変更するなど、ピリオド派の弾き方を参照しているらしい。

この曲では私はセカンド・ヴァイオリンのパートを弾いた。セカンドの人たちの技術レベルを勘案すると、この曲は背伸びすることになり、修正のための時間が増えてくるのは必定。霞んだ音で弾くし、入りのタイミングも曖昧。連続スタッカートを中弓でバタバタ弾いている人も。弓のコントロールが出来ていないから意味不明な行動を目にすることが多いのだ。

技術面で問題山積の人たちに、伴奏の対旋律などリズムも音程も弾きにくい、ややこしい譜面をあてがうのは修正のための指導時間が増えて非効率である。しかし、ハイポジションを使えないからファーストの楽譜もお手上げ。別団体で見たことがある初心者用にアレンジした簡易譜(音符を間引いたり、オクターブ下げたり)の導入を検討すべきかもしれない。

 

モーツアルトの後は「北の国から」とメンデルスゾーンが作曲した弦楽のためのシンフォニア第3番の第2楽章の2回目をやった。 途中10分の休憩があるとはいえ、2時間40分の練習時間は長丁場である。他パートが絞られる様子を見ている待ち時間が多いから、余計に長く感じる。

 

 

 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

ベートーヴェンとブラームスに特化したアマオケを聞いた

ベートーヴェンブラームス交響曲や序曲だけを演奏するアマオケがあるそうで、演奏会を聞きに行った。曲目はベートーヴェン交響曲第3番と第8番、序曲「プロメテウス」。

 

雨天ということもあり空席が目立った。座席は1割埋まっていたかどうか。演奏が始まる前に指揮者が舞台に出てマイク片手に講義をしていた。かなりの長話が終わってからは、楽団員が舞台に大勢残り、それぞれが音出しをしていた。演奏会の前に舞台で(お客さんが見ている前で)指慣らしをするのはアメリカンスタイルだそうである。いよいよ演奏が始まると、またもや講義。プロメテウス序曲の一節と、エロイカの一節が同じだという実例を聞かせるサービスだった。指揮者は出たり入ったりで忙しい。

 

ようやく序曲の演奏が始まったが、話好きな指揮者さんは身振り手振りのアクションが大きいけれど無駄な動きも多く、アンサンブルのコントロールが万全とはいかなかった。楽器間の受け渡しで穴が開きそうになる瞬間を作って、お客さんをドキッとさせてはいけません。テンポは今風に速めで、強奏部分では叩きつけるようなフォルテがさく裂。一方、弱音部では平板に流れるため、一見派手だがワンパターンになっていたかも。

 

弦楽器はヴァイオリンが12名、ヴィオラ3名い、チェロ4名、コントラバス2名、それに2管編成の管楽器(オーボエだけ3名いた)。低音楽器が少ないから軽い音になっているのはしょうがないとしても、アマオケのコンサートによくある一期一会の高揚感が希薄で、お仕事的に淡々とこなしている雰囲気を感じた。

 

プログラムを見ると、ヴァイオリンは12名中、団員は3名。残り9名はエキストラ。ヴィオラは3名中1名がトラ、チェロは4名中3名がトラ、コントラバスも2名中1名がトラ。管楽器はほぼ全員が団員。エキストラはトランペットの1名のみ、ティンパニはトラ。ということは舞台に出ているおよそ半分がエキストラだったわけである。演奏がどことなく醒めていたのはこの影響があるのかもしれない。

 

アマオケは普通は何でも演奏するので、場合によっては自分の好みじゃない音楽に半年から1年も付き合うことになる。私の場合は、チャイコフスキーとかリムスキーコルサコフなどの民族系は苦手で休団することもあった。その点、ベートーヴェンブラームスだけしかやらないなら好みに合っているからストレスなく練習に出られる。そこで演奏会を見に行ったわけだが、結果は微妙。弦楽器の団員が少ないということは普段の練習は小人数のはず。指揮者に魅力を感じられれば面白いだろうが・・・

 

 

 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

ヴァイオリン教室 #130

4年前に始まったグループレッスンもいよいよ最後の月となった。今日は3月の1回目。I先生による指導だった。 初めにカイザー1番の復習から。をやって1番は今日で終了。続いて4番を、一小節を一弓で弾く練習をやった。十六分音符16個を一弓で弾くと、途中から弓が足りずにヘロヘロになってきたので次回に繰り越し。来週は6番もするそうだ。

 「新しいバイオリン教本第3巻」は42番のヴィヴァルディ「コンチェルトイ長調」の2回目の練習から。テヌートで弾く箇所とスタッカートで弾く箇所のチェックとか、細かい点を見ていただいた。テキストの楽譜は原曲をいじり回して、わざと弾きにくく加工してあるから不快だが、しょうがない。最後に41番ボッケリーニ「メヌエット」の3回目をやった。スピッカートの奏法を重点的に練習。

 

地元オケ主催のこの教室は3月で終了するが、過去のヴァイオリン教室は自主運営にしてレッスンを継続している。チェロ教室も同様で開始以来7年目を迎えている。レッスン終了後に、何人かにこの点について質問したら、この教室でヴァイオリンを始めた方々は継続を希望したが、経験者の中には「もういいです」という人もいる。結論は次回に持ち越し。

 

勧誘されて4月からオケに入るつもりの初心者もいて、オケ曲の指導もしてほしいとも。来年の定期演奏会の曲目はシベリウス交響曲第2番とグリークのピアノ協奏曲。ヴィヴァルディのイ短調のコンチェルトにようやく辿り着いた段階でオーケストラに参加・・・

 

 

 にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村