チェロ・アンサンブル#83

O先生のレッスン、4月の2回目。5名が出席。サポージニコフ教本は98番から100番まで進んだ。後半はチェロ4重奏用に編曲されたメンデルスゾーン「結婚行進曲」の4回目の練習。いつものように担当パートをローテーションし、私は2番担当になった。 この曲の2番は厄介で、中間部に弾きにくいハイポジションが出てくる。1番担当の女性は気張って練習してきたらしく早めのテンポでスイスイ弾いた(というか徐々に走り出していた)。この曲を合わせるのは今回で4回目となるものの、どのパートも初めて弾くわけだから、いきなり快速テンポでやられると面食らってまう。問題のハイポジションのフィンガリングを先生からアドヴァイスしてもらい、最後には弾き通せてヤレヤレだった。この曲は今日で終了。次回からショスタコーヴィッチの小品を取り上げる予定。

 

午前中のチェロの練習が終わった後、近隣の都市にあるアマオケ定期演奏会を聞きに出かけた。10年ほど前に出来た若いオケで何度か聞かせてもらっているけれど、好調な時はキリっと締まった演奏を聞かせる。今日のプログラムはブラームス「大学祝典序曲」、リヒャルト・シュトラウスオーボエ協奏曲」、ブラ―ムス「交響曲第1番」、アンコールはシベリウスの「カレリア」組曲 3.行進曲風に。

 

前半の2曲はそつなくきれいにまとまっていた。リヒャルト・シュトラウスオーボエソロはドイツで活躍している日本女性で大変上手だった。この曲、CDでは聞いたことがあったが生演奏は初めて。独り言をつぶやいているような、あるいはコチョコチョとくすぐられているような音楽だった。コンチェルトというより室内楽に近いインティメートな雰囲気。ヴァイオリンがサワサワと囁くようにソロに寄り添うオーケストレーションに感心するものの、ソロとオケとのコントラストがはっきりせず、協奏曲にしてはソロが映えない感じがした。

 

 後半のブラ―ム「交響曲第1番」は疲れて緊張感が緩んだのか、木管楽器オーボエクラリネット)にミスが続出、ホルンなどの金管大過なく演奏していた。指揮者の年配男性は長くこのオケを指導している方だそうで、指揮姿は踊っているような流暢な動きを見せていたけれど、決め所での指示の出し方はちょっと曖昧だったかも。アンサンブルの縦の線が不揃いになりがちで、総じてメリハリは弱め、テンポもゆっくりの安全運転に徹していた。アマチュアの実力を勘案してのことだろう。

 

終楽章の有名な主題が登場したあたりで何人かのお客さんが席を立って帰った。聞かせどころなのに。退屈で我慢しきれなくなったのかもしれないが、演奏中に席を立つのはよろしくない。演奏中におしゃべりを始める高齢男性2名も近所にいて、周囲のお客さんがピリピリしていた。全体的にはアマオケの平均的な水準の演奏になっていたものの、有名な曲だから皆さんよく知っているため木管のミスが目立ってしまった。聴衆は正直で、相応の反応をしたのかもしれない。

 

 

   にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

ポーラ美術館「印象派、記憶への旅」展を見る

ポーラ美術館の企画展を山田五郎氏が案内役を務める美術番組が取り上げていた。放送翌日、さっそく箱根に出かけて見てきた。小田原方面から仙石原に向かう道路は箱根湯本あたりは新緑がきれいで、山の上の方には満開の山桜も点在していた。宮城野の川べりのソメイヨシノはかなり散ってしまいスカスカ状態。今年は鳥害で花芽が食べられてしまったそうだ。同じ場所に植えられた枝垂れ桜は満開で、道路際のフェンスを越えて張り出すピンクの艶やかさが凄かった。仙石原に近づくと標高が上がり、周囲の景色はどんどん季節を遡って冬景色に逆戻りする。コブシや馬酔木の白い花が枯れた森の中で目立っていた。

 

f:id:seivoci0004:20190419025629j:plain

宮城野の枝垂れ桜

f:id:seivoci0004:20190419025710j:plain

 

 「印象派、記憶への旅」展は、ひろしま美術館との共同開催だそうで、双方の絵画コレクションを一か所に集めて並べて見せる趣向。それだけといってしまったら身も蓋もないけれど、実態はそういうこと。展示の中身はコローやドラクロワなどから、ピカソ、ブラック、マティスまで網羅している。印象派の前後がかなり多く、全部で73作品のうち印象派のボリュームは20点ぐらいと控えめである。保険評価額を計算すれば控えめどころか、たいした金額になるが、それはお客さんには関係ない話。印象派展と思って期待して行くとオヤオヤとなるかもしれない。ポーラの営業サイドは、水戸黄門の印籠みたいな集客力を持つ「印象派展」のタイトルが欲しかったのだろう。これまでの展示で繰り返し見せて目垢が付いた作品が多いから、何度か来ている人はひろしま美術館の作品に新味を感じる。

 

展示構成は学芸員があれやこれやと勉強して、こんな風にまとめましたというレポートを拝見するような雰囲気だった。5章に分けていろいろ解説を付けていたが、印象派関連の本を読めば書いてあるような内容だから、新しい切り口を紹介する意欲はあまり感じない。個々の作品から共通要素をピックアップし、似た者同士でまとめる手法は、類似点を指摘するのは簡単だし、お客さんにもわかりやすい。しかし、同じ印象派でも作家それぞれの持ち味には相違点があり、それが個性になっているわけで、どこがどう違い、その違いは何に由来するとか、違いが意味するところを解析した方が手間はかかるが、より興味深い展覧会になっただろう。

 

①           世界の広がり:好奇心とノスタルジー 

②           都市への視線:パノラマとポートレート

③           風景のなかのかたち:空間と反映 

④           風景をみたす光:色彩と詩情 

⑤           記憶への旅:ゴッホセザンヌマティス

 

 ところどころに所蔵品の文献調査や最新の光学調査の成果を発表するコーナーを設けていた。この手の調査は作品の戸籍作りのような作業で、所蔵者にとっては意味のある研究といえる。とはいえ作品の本質や作家の芸術性を深く掘り下げて考えるための手がかりになる情報ではない。何年に描かれたとか、どこで描かれたとか、誰が持っていたかとかの調査は、マニアックであるがゆえに一般の愛好家にとっては専門的に過ぎ、どうでもいいことに思えるかもしれない。展示が一方通行の研究発表会みたいになってくる危険性がある。とはいうものの広島まで行かないと拝見出来ないモネやマルケの作品と出会えたのはうれしかった。

 

f:id:seivoci0004:20190419025910j:plain

ゴッホの作品は額縁を外してカンバスの裏側に付着した絵具の跡を見せていた。

 

 

f:id:seivoci0004:20190419030031j:plain

ひろしま美術館のモネ

 

f:id:seivoci0004:20190419030108j:plain

ひろしま美術館のマルケ

 

展覧会は第1会場と第2会場に分かれていて、1フロア下がった場所にある第2会場では、いつのまにか企画展が終わり常設展示に切り替わっていた。常設にも似たような作品が並んでいるため、どこが区切りなのかよくわからない。展覧会の企画自体、印象派を売りにするポーラ美術館の常設展と大差ない内容だから仕方ないが、起承転結が曖昧な展示を見ていると竜頭蛇尾という言葉が浮かんでくる。

 

一番下のフロアにある他の展示室では、常設的な展示として明治以降の日本の洋画とガレ、ドームらのアール・ヌーヴォーのガラスの展示をやっていた。【ガラス工芸名作選~花ひらく異国趣味】と題したポーラ美術館収蔵ガラス展は、「19世紀のオリエンタリスム(東方趣味)やジャポニスム(日本趣味)が反映された名品をご紹介します」と入口のパネルに書いてあった。中に入ればネオ・ロココアール・ヌーヴォーなど異国趣味と直接関係しない作品がずらりと並ぶ。ポーラ所蔵の中国や日本の古陶磁も少し混ぜてあり、持っているものを何となく置いたようで、展示タイトルと中身が不一致なのは羊頭狗肉という言葉を連想する。ポーラ美術館は時々訪れ贔屓にしている美術館だが、開館して17年目に入り、タガが緩んできたのだろうか。ラフというかルーズというか、詰めの甘い展示を見て残念に思った。一方、レストランのメニューは質が向上していて、盛り付けの美しさ、味付けも上々で大変結構でした。

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 美術鑑賞・評論へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ
にほんブログ村

 

パリのノートルダム大聖堂の火災

昨夜、パリのノートルダム大聖堂で火災が発生した。尖塔が焼け落ちる映像を見ていて唖然だったが、同時に長年の疑問も解消した。パリ市内の聖堂でよく見かける屋根の上の尖塔は透かし彫りみたいな繊細な構造になっている。あの材質が何なのか、ずっと疑問に思っていた。石造なのか?黒っぽい色のものもあるから金属製?しかし、今回の火災であれが燃える様子からフレームは木製と判った。高さ90メートルの尖塔は比較的新しく、19世紀の建造という。

 

f:id:seivoci0004:20190416171631j:plain

f:id:seivoci0004:20190416171646j:plain

f:id:seivoci0004:20190416171702j:plain

 


かなり昔、日曜日にあそこに行った折、ピエール・コシュローのオルガン即興演奏を聞いた。ブワーっと図太い低音が唸り、空間がねじれるような不思議な響きが交錯する現代音楽だった。また、クリスマスイブに訪れた時は、深夜のミサが大変な賑わいで、外まで人が溢れていた光景を思い出す。昔は汚れて黒ずんでいた外壁をクリーニングし、随分ときれいになったものだと感心したり。

 

大聖堂の火災は時々あったようで、ケルンの大聖堂も13世紀に焼けている。歴史の一コマと思っていたが、リアルに見られるとは。第二次大戦の空襲で丸焼けになった街を元通りに復元するのがヨーロッパ。エッフェル塔凱旋門オペラ座と並ぶパリのシンボルだから、きっと元通りに直すだろう。・・・と思っていたら、再建する尖塔のデザインを19世紀の建築家ヴィオレ・ル・デュクが手掛けたプランのままとするか、あるいは現代風の新しい形状に変えるかという議論がもう起こっているらしい。前向きというか、再建するなら創造的な要素を盛り込みたいという発想が出るのは、さすがフランスというべきか。

 

  

   にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

弦楽合奏#29

ほぼ毎月1回ある公開演奏会で弾いてきた。会場はいつもの練習場所近辺の自治会館。その地域の公民館や自治会館では「ふれあいサロン」という名のイベントを定期的に開催し、地域住民(高齢者)が20~30人ぐらい集まる。われわれは地域に6つぐらいある自治会館の「ふれあいサロン」を巡回して弾いている。その他に老人の介護施設や幼稚園でも演奏する。

 

今日の会場は2階建てで、2階の大広間(畳敷きの座敷)に椅子をならべて演奏した。ファースト・ヴァイオリン4名、セカンド3名、ヴィオラ1名、チェロ3名という変則的な構成での演奏だった。演目は昨年から継続中のいつものレパートリーである。聞いている聴衆は毎回違うが、弾いている方は同じ曲を少なくとも6回繰り返すため新味がなく、ルーティン化してくる。年度も替わったから、そろそろメニューを変えるだろう。

       

 

 ① いつでも夢を    

 ② 青い山脈      

 ③ 故郷(ふるさと)  <聴衆が一緒に歌う>

 ④ 七つの子      <歌>

 ⑤ みどりのそよ風   <歌>

 ⑥ エーデルワイス   <歌>

 

「楽器紹介」ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ

 

 ⑦ にっぽん昔ばなし

 ⑧ 結婚ワルツ

 ⑨ 黒い瞳

 ⑩ ユモレスク

 

(アンコール) 赤いスウィートピー

 

演奏の途中で楽器紹介のコーナーがあり、それぞれのパートから一人が出てソロを披露する。ヴァイオリンの紹介では指導者が弾くのが恒例だったが、今回は私が指名された。ヴァイオリンの細かい説明は不要と考え、「ミュート」という道具を使うと音がどう変わるか、その具体例をお聞かせすることにした。最初はミュートなしで「さざえさん」のテーマ曲のさわりをちょっと。弾いているうちに聴衆のおばさんが歌い出した。歌う人のリズム感が私と食い違っているため、ちょっとビックリ(急に歌い出したので焦った)。次にミュート(ゴム製と木製)を2個見せてどういう目的の道具かを説明。その後、駒に木製ミュートをはさんで、実際に音が変わるところを実演した。曲は「夜来香(イエライシィアン)」。数年前に別の合奏グループに参加した時、この曲を二胡で演奏し、チェロによる伴奏を手伝った際に楽譜をもらってあった。ミュートを付けたヴァイオリンで弾くと、ちょっと二胡風の霞んだ音色が出るから、この曲にふさわしいと思う。途中でグリッサンドなんぞを混ぜながら、二胡の人たちがやっていた柳腰スタイルで演奏してみた。

 

自治会館の駐車場は狭くて5台ぐらいしか止められないとのこと。車両数を減らす必要があり、メンバーの人と同じ車に乗り合わせて行った。会場までの往復路は、わざと遠回りし、のどかな田園風景の中を流れる渋田川の土手の桜並木を見物しながら走行した。数キロの距離になるだろうか、どこまで走っても満開の桜の大木がずらっと並んでいた。川辺には菜の花もいっぱい咲いていて、黄色とピンクの対比が綺麗だった。土手に植えられた桜はソメイヨシノが一番多かったが、八重桜もかなりあり、その中にギョイコウ(御衣黄)の大木が3本混ざっていた。そこだけ薄黄緑色の八重咲の花を咲かせているため、遠目にも目立っていた。一方通行の土手の上の細い道を走行したが、車窓の外は桜の花でいっぱい。手が届きそうな距離に咲いていた。今週は水曜と金曜に弦楽合奏の練習と演奏会があったので、2回お花見が楽しめてラッキーだった。

 

f:id:seivoci0004:20190413012813j:plain

f:id:seivoci0004:20190413013153j:plain

 

 

 

   にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

弦楽合奏#28

冬に戻ったかのような寒さの中、いつもの練習会場に向かう道すがら、車に乗り合わせたメンバーさんとお花見しようということになり、遠回りして桜並木の下を通行したり、川の土手に並ぶ桜を見物しながら出かけた。練習後の帰りも山頂に展望台がある観光地に寄り道し、山道の両側の散り始めていた桜並木を見物した。雨天だったので落下した花びらで道路はピンク色の絨毯。今年の桜の見納め。

 

前半の基礎練習は以下のメニュー

 

①十六分音符と付点八分音符が混在、一部にスラーが付いていたりして

リズムの刻みを考えさせるオリジナルの課題曲

 

f:id:seivoci0004:20190411013416j:plain

 

ヘンデル「水上の音楽」の序曲 弦楽合奏版 

個人的には学生オケで弾いて以来、久しぶりの曲

 

 

後半の曲の練習 は・・・・

 

①Mozart 「アイネ、クライネ、ナハト、ムジーク」~1楽章

(何度目かの練習だった。私はセカンド担当に回っている)

 

レスピーギ 「リュートのための古風な舞曲とアリア」~イタリアーナ

(このグループでは初めてやる曲。私にとってはこれも学生時代に弾いて以来のなつかしい曲)

 

北の国から

 

レイト揃いのセカンド・ヴァイオリン・パートは、もたつくのが常で今回も例外ではなかった。特に初めて弾くヘンデルレスピーギの曲は、いかにも自信なさげで、オズオズ、ヘロヘロ、スカスカの音で弾いていた。ヘンデルレスピーギも聞きなれたメロディはファーストに持っていかれ、セカンドは対旋律を弾くから、ファーストより難しいところがあるため、気の毒な感じもする。

 ファーストの末席、セカンドのトップのすぐ横(つまり両方のパートの中間)に座ることにしている私は本来はファースト担当だが、この頃はセカンドを補強するため、そちらの譜面をバンバン弾いている。セカンドの人たちが互いに顔を見合わせるというか、オズオズして入りがもたつきそうな箇所は率先して突っ込むことにしている。指導者のダメ出しを予測して、先回りする切り込み隊長みたいな役割。

 

 

   にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

平日弦楽四重奏団のお披露目演奏

某SNSのコミュニティが主催するオフ会に出た。私が去年から参加した弦楽アンサンブルで知り合ったヴァイオリンの人から声をかけられ、一緒に始めた弦楽四重奏団のお披露目演奏をした。彼はSNSのグループの管理人をやっておられる。

 

城下町にある民間ホール(サロンといった方がよさそうな小さな会場、ベーゼンドルファーのグランドピアノが置いてあった)に集まったのは21人。ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、リュート、ピアノ、ギター、太鼓を弾く人たちがソロをやったり、アンサンブルを組んだりで12時半から16時半までの4時間、次々に演奏を繰り広げた(お客はいないのでこの日の出演者が聞いている)。10時からリハーサルをしたから7時間近い長丁場だった。1人(1団体)の割り当て時間は12分程度度のため一部を抜粋したヴァイオリン・ソナタ弦楽四重奏、フルートコンチェルトなど12演目が次々に披露される盛りだくさんのプログラム。

 

ヴァイオリン奏者が多かったが、リハーサルを聞いていると随分と大きな音を出す人が続出するから感心した。伴奏のベーゼンドルファーに対抗して一歩も引かない様子なのだ。会場が狭いからそんなに大きな音を出さなくても聞こえるのにと思ったけれど、皆さん気負っていたのかもしれない。

 

音の出し方、弾き方にはそれぞれ個性があって面白かった。粘っこい音を大音量でブワーっと響かせ、湿り気を帯びたリズムでこってりと歌う人が多い印象を受けた。アマチュアのヴァイオリン奏者にわりとよく見かけるタイプだと思う。チェロは私を含めて2名。もう一人の男性はフォーレのエレジーを上手に弾いておられた。

 

私が参加している平日四重奏団はモーツアルト弦楽四重奏曲第4番を演奏した。モーツアルトの初期の曲だから、リズムの切れがいい小粋なスタイルが好ましい。チェロの音量は控えめにして軽く弾いた。低音をズンズン響かせる音楽ではないのだ。われわれは1月から毎月1回3時間、合計9時間合わせてきた。合奏の場数を踏んでいるので、それなりにまとまりはよかったと思う。

 

もう一組、モーツアルト弦楽四重奏曲第14番ト長調 K.387『春』KV.387(ハイドンセットの中の1曲)の第一楽章をやったチームがあった。われわれの演奏と比較すると、そちらは後期ロマン派みたいなこってりとした厚みのある演奏をしていた。

 

オフ会では突発枠で正規のエントリー曲ではない演奏も披露する。私はヴァイオリンを借りてモーツアルト「鏡」「ミラーカノン」の2曲を弾いた。二人のヴァイオリン奏者が、同じ楽譜を上下ひっくり返して頭と尻尾から弾く曲である。お相手は平日弦楽四重奏団のセカンド女性。初めて弾く借り物の楽器を使い、リハーサルなし、ぶっつけ本番で合わせたが、弦楽四重奏の練習で顔合わせしてきた相手のせいか、呼吸を合わせやすかった。「鏡」では尻尾から弾き始める段取りの彼女が、間違えて頭から弾き始め、二人がユニゾンになるアクシデントもあり笑いを誘っていた。聴衆の話ではチャーミングな演奏になっていたそうだ。さらに本番前日にメールで頼まれたバッハの2台のヴァイオリンのためのドッペルコンチェルトのチェロパートも担当した。この日の出番は3回となった。

 

次回のオフ会は8月25(日)に都心の民間ホール(サロン)で開催するという。真夏の暑い盛りにチェロ担いで出ていくのはしんどいが、ハイドン弦楽四重奏曲「五度」を披露する予定だから休むわけにもいかない。

 

打ち上げの席でわりと近所に住んでいるピアノ弾きの男性(定年で暇になった60歳、上手な人)と知り合い、次回のオフ会でヴァイオリン曲かチェロ曲の伴奏をやってもらうことになった。しかし、ヴァイオリンで演奏する場合、電車移動で(=手持ちで)チェロとヴァイオリンの両方を持っていくのは難しい。また誰かのヴァイオリンを借りればいいか。あるいはチェロ曲を弾くか・・・。

 

f:id:seivoci0004:20190410000347j:plain

 

 

   にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

チェロ・アンサンブル#82

O先生のレッスン、4月の1回目。6名が出席。サポージニコフ教本は94番から97番までをさらった。後半はチェロ4重奏用に編曲されたメンデルスゾーン「結婚行進曲」の3回目の練習。担当パートをローテーションしたので私は3番担当に。

 

次の課題曲としてモーツアルトが書いた冗談音楽「ミラーカノン」と「シュピーゲル(鏡)」をチェロ用譜面に手書きで書き換えて使う予定。楽譜を上下反転して頭と尻尾から弾くと2名で合奏可能な曲である。ヴァイオリンも弾けるメンバーに楽器を持参してもらい、皆さんのまえで試演した。ぶっつけ本場だったのでずれてしまいうまく合わなかったが、雰囲気は伝えられた。

 

フィナーレという楽譜作成ソフトを持っているメンバーにお願いし、ヴァイオリン用の楽譜(ト音記号)をチェロ用(ヘ音記号)に機械的に変換してもらうことにしたら、ヘ音記号が3度低い場所に記入された楽譜が届いた(つまり曲全体が3度下がっている)。何故そうなるのか?当人も首をかしげていたが使えないからボツ。面倒だが私が手書きで楽譜を作ることになった。原曲のト音記号譜は上下反転させて使えるので1枚作製すればいいが、ヘ音記号に書き直すとひっくり返すと音が違ってくるのでそのままでは使えない。ト音記号譜を反対側から読んでヘ音記号に写す譜面を新たに書く必要があり、合計4枚書き出すことになった。

 

 

   にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村