チェロ・アンサンブル#88

10月最初のO先生のレッスンがあり、5名全員がそろった。前回からスタートしたオッフェンバックの2重奏曲(作品49)の第2番をさらった。アレグロとアレグレットの2楽章からなる曲で、2曲目は繰り返しが多くワンパターンの雰囲気もある。飽きずに弾き通すには工夫が必要とO先生がおっしゃっていた。いつものように生徒同士が一対一で合わせたが、2時間のレッスン時間が余ってしまったため、最後にO先生と一対一で合わせる練習をやった。

 

今日はメンバーの女性が持ってきたチェロの激変ぶりに一同が驚いてしまった。彼女の楽器はかつて私が所有していたもので、どういう音が出るのかは熟知している。ノーブランドの100年ほど前のドイツ製量産楽器である。いくらかくすんだところのある暗めの柔らかい音質が持ち味のチェロだった。今年の春、バスバーに沿って表板に細いクラックが入っているのを私が気付き、行きつけの工房で診察、即入院となった(所有者の女性はクラックが重症だとは思っていなかった)。修理期間は予想以上に長引き、5月から10月まで5か月もかかった。

 

数日前に仕上がって戻ってきたのを弾かせてもらったところ、同じ楽器とは思えないほどに変わっていた。修理前の穏やかでちょっとルーズな緩い雰囲気の発音がすっかり影を潜め、つややかで丸みのある粒立ちのいい音がどんどん前に出てくる。新作楽器の元気のいい鳴りっぷりの良さと、100年ほど経過した楽器ならではのこなれた音質がミックスされたような印象。

 

表板をはがして内部を徹底的に修理し、ペグホールを埋めて穴を再度開けるブッシングも行い、ペグも黒檀からローズウッドに交換したそうだ。クラックの手当てやニスの修理も万全で外見もピカピカ。以前の緩い発音はバスバーの膠が緩んでいた結果だったらしく、その辺をきっちり再接着した結果、音に締まりが出てきたし、4本の弦のバランスも良好となり、以前のようなA線のみが鳴り過ぎる悪癖が解消されていた。

 

修理代はかなりの金額になったが、発音が見違えるほどよくなったから所有者は大満足の様子。腕のいい職人が行う修理と調整で、それまで隠れていた楽器の潜在的能力が引きだされたということだろう。過去にも同じ職人に調整を依頼してきた楽器だが、板割れが原因で大修理をした結果とはいえ、変貌ぶりに驚いた。

 

f:id:seivoci0004:20191005225546j:plain

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

城下町の弦楽アンサンブル#3

城下町の弦楽アンサンブルの定期練習に参加した。8月の練習は欠席したので3回目の出席となる。このところ何かと多忙で、楽器の練習時間が満足に取れないため、音楽活動を縮小している。こちらも休みたいところだが、練習が毎月1回と少ない団体だから何か月も休めず、無理して出かけた。今回はコントラバス奏者も参加してフルメンバー(ヴァイオリンが5名、ヴィオラ1名(女性)、チェロ1名、コントラバス1名、クラリネット1名(女性)がそろった。練習メニューは以下。

 

主よ人の望みの喜びよ

G線上のアリア

アンダンテフェスティー

ヴィヴァルディ「夏・1楽章」

ヘンデル「水上の音楽」からホーンパイプ

パッフェルベル「カノン」

 

この中ではヘンデルの「ホーンパイプ」とヴィヴァルディの「夏」が難しい。両方ともテンポが速くなると細かい刻みを多用する場面で指が回らなくなる。明らかな練習不足である。本番は来年5月。今から仕上げてしまうと途中で忘れるので、ほどほどにやっているが、久しぶりに日曜日の午前中9時から12時までの3時間、みっちり合奏練習したら疲れてしまった。男性奏者が大半の団体で音量が出るから、狭い練習会場(民間の貸ホールの脇にある練習室を借りている)は音の飽和状態となる。それも疲れる要因。指導者さんは同じCでも和音がハモる音程とそうでない音程があって、この場合は低めにとか高めにとか微妙な指導。2本の弦を同時に弾いてピッチを調整する方法を伝授されていた。速いパッセージを練習する時は速度を大幅に落として弾くことになるが、その場合もリズムは厳格に守るよう念を押された。ひたすら数えるということ。

 

  

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

チェロ・アンサンブル#87

8月10日以来6週間ぶりにO先生のレッスンに出席した。欠席者が2名いたので3名で受講。サポージニコフの教本は8月で終了し、今回からオッフェンバックの2重奏曲(作品49)を取り上げることになった。6曲セットの曲集である。

第1番から第3番までは以前指導を受けていたS先生から習ったことがあった。4番から6番までは未着手なので同じ曲集をさらうことにした。今日は第1番をじっくり合わせた。上のパートは旋律主体のため弾きやすいが、下のパートは上のパート以上に混みあったことをしているため忙しい。順番に一対一で合わせてみたが、勘が戻るというのか、合わせる回数を重ねるごとに皆さん滑らかに弾けるようになっていった。2012年の4月にチェロ教室が開講したので、もう7年が経過している。今日の演奏を聞いていると、3~4年前とは随分と違うこなれた印象を受けた。

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

チタン製アジャスターねじを試してみたら

ヤフオクにチェロのテールピース用チタン製アジャスターねじ(4本セット)が出品されていたので落札してみた。出品者は中国製チェロ弓などを頻繁に出品している常連である。商品説明にはこんなことが書いてある。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

f:id:seivoci0004:20190912191250j:plain

 

「優れもの●チタン製アジャスターねじ●4個セット」

〇長さ:約19mm

〇ねじピッチ:M3

〇重さ:4個で約5g (キッチンスケール実測)

 

チェロ用のテールピースアジャスター用のチタン製ネジ(スクリュー)です。

一般的なねじピッチで、「ウイットナー」「Pucsh」「Akusticus」をはじめ、ほぼ一般的なテールピースに使えます。素材「チタン製」がポイントで、通常のスクリューの約半分程度の重さで、硬くかつ強靭です。

 

安全、簡単かつ確実に性能向上する可能性があります。「レスポンス向上」「音抜けが良くなる」「雑音が減る」「弾き易くなる」という面が期待できます。私の場合、雑音感の軽減が顕著でした。たかだかネジですが、変化をはっきり実感できることと思います。

「弦楽器のパーツ類は軽さが命」の方にはたいへんお勧めで、上の「 」内の効果が、期待どおり得られると思います。「チェロバス周辺パーツは若干重めが吉」という方は、きっとがっかりすると思います。

 

f:id:seivoci0004:20190912191310j:plain

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

届いたねじを早速オールドチェロのテールピース(ボア・ダルモニのフェルナンブコモデル)に装着してみた。ピッチは合致していたが、スムーズには回らずかなり固い。ねじの全長は既存の鉄製ねじよりも短いため、調律幅も狭いようだ。肝心の音は典型的な「チタンの音色」に一変した。エンドピンをチタン製に交換したのと同じくらいの効果がある。倍音が増えてやや甲高い抜けのいい音になる一方、ふくよかさは減少し、若干メタリックな艶が加味される。私の楽器では雑音感の軽減は見られなかったが、発音がシャープになる分、ボーイングがシビアになるところがありそうだ。饒舌になるため、もともと鳴り方に不満がないオールドチェロには不必要と判断し、セカンド楽器(ミッテンバルトのレオンハルト工房1996年製)につけてみた。

 

そちらのテールピースは「Akusticus」。交換したチタンのねじがこちらでは滑らかに回る。ややもっさりしていた楽器の音が一皮むけたような明るい感じに変わった。相変わらず発音はシャープで弓に対する反応性も高まり、音離れが向上した印象。くっきりした鮮明な音質は悪くない。チタンねじは、くぐもったところがある楽器には適しているのだろう。ねじのあたまは黒く着色されているため、既存の鉄製ねじと交換しても見た目の違和感はない。チタンのパーツを弦楽器に使うと、ヴァイオリン(あご当ての金具やチタン製テールガットがある)でもチェロ(エンドピンとかテールピース)でも、音の柔らかさが減少し、その代わり特有の甲高い音色感、パリっとした硬質な艶が加わる。好き嫌いがはっきり出るため、誰にでも勧められるものではない。

  

 

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

 

チェロ・アンサンブル#86

7月のレッスンは台風が来た影響で中止になったため、今回は2か月ぶりのO先生の指導日となった。風雨が強くなった場合、車で移動するメンバーはともかくも、徒歩で来られる先生が大変なので、悪天候が予想される時はレッスンを開催しないことにしている。

 

今回は猛暑の中、4名が出席した。サポージニコフ教本は107番「重音のエチュードと応用練習」の1曲をやった。O先生は初めに上だけ、下だけを単音で弾かせ、次に重音で弾くよう指示された。107番は上段の7小節目が難しい。3と4の指を交互に動かす時にもたもたしてくる。5度下げて(つまり弦をずらして)弾いても、7小節目が難しいのは同じ。O先生によれば、こういう重音を弾く時は腕の角度を少し持ち上げ気味に、手首は曲げ過ぎず平らな状態にすると弾きやすくなるそうだ。

 

f:id:seivoci0004:20190812015818j:plain

 

休憩後はショスタコーヴィチ「2本のヴァイオリンのための5つの小品」をチェロ用に書き直した楽譜を使ったレッスンの5回目をやった。今回は3曲目のエレジーと4曲目のワルツの、それぞれ上のパートを見ていただいた。ヴァイオリンで弾けばそれほど難しくない曲だが、オクターブ下げた編曲でチェロで弾く場合は、ハイポジションが多発するためなかなかに大変。ショスタコらしい不思議な響きの半音階も混ざって来て、音程を正確に取るのも難しい。念のために、2オクターブ下げた楽譜も準備してあり、そちらを使えば難易度がグッと下がってくる。しかし、皆さんは頑張って1オクターブ下げの難しい方の楽譜を使い、ハイポジの練習をしている。楽な方に流れないのはよい傾向。

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

「あいちトリエンナーレ」が炎上

 名古屋で開催されている「あいちトリエンナーレ」が注目を集めている(トリエンナーレとは、3年に1回開かれるの意味)。2日目に河村たかし名古屋市長が見に来て、「どう考えても日本人の、国民の心を踏みにじるもの。いかんと思う。県知事に撤去を要請したい」と発言したニュースが流れてから、がぜん注目が集まった「少女像」。

 

f:id:seivoci0004:20190803155826j:plain

 

文化庁補助金が出ている展示らしく、報道によると菅官房長官が芸術祭が国の補助事業として採択されていることから、事実関係を精査し、補助金を交付するかどうか慎重に検討する考えを示したという。

 

なんと、まあ・・・!

 

憲法で保障された表現の自由は守られるべき」と発言するのが相応しい対応だろうに。政府首脳が炎上に油を注いでどうする。そういう事を言ってるから、お口にハイヒールを突っ込まれるのだ(詳細は後述)。

 

これに対して、トリエンナーレの芸術監督を務める津田大介氏が2日夕方会見を開き「行政が展覧会の内容について隅から隅まで口を出し、表現を認める認めないを決めようとするのは、憲法21条の『検閲』に当たる。多くの人が不快になる表現があることは分かっているが、これらの作品が公の美術館から撤去されてきたという事実が議論になればいいと思っている」と述べたという。

 

企画展のタイトルは「表現の不自由」。展示不可にされた作品を集めて一堂に見せるとは、意表を突く問題提起の仕方で挑発的だ。このぐらいの仕掛けがあった方が人々の興味を引くし、実際そうなった。現代美術展でこの長蛇の列は凄い。

 

f:id:seivoci0004:20190804015215j:plain

 

そもそも、戦争の惨禍とか戦争がもたらす不幸をテーマにした作品が 「快適」なはずはない。戦争関連の作品を見るのは、人によっては辛いかもしれないが、楽しさを提供するだけがアートじゃない。嫌ならスルーすればいいだけ。自分が気に入らないからといって、撤去を要求するのは筋違いである。ネットで炎上させている人たちが、補助金支出の妥当性に言及し、作品が提示する問題をすり替え、矮小化させているのも感心しない。税金は時の権力者が勝手気ままに使っていいポケットマネーではない。

 

一方、この騒動に混ざってネット上で拡散したのが、安倍首相と菅官房長官と見られる人物の口をハイヒールで踏む作品が出品されているとの情報。

 

f:id:seivoci0004:20190803160432j:plain

 

現代美術作家の竹川宣彰氏による作品『Eat this sushi, you piece of shit』だそうだが、実際はトリエンナーレに展示されてない。展覧会に存在しない作品まで動員して炎上を煽るとは姑息に過ぎよう。

 

トリエンナーレ実行委は2日、記者会見を開き、「安倍首相や菅官房長官を侮辱する作品の展示」は「誤報」とする公式見解を発表したそうだ。仮に政府首脳を揶揄するような作品があったとしても、問題には値しない。権力者への風刺が堂々と公開され、その存在を否定しない社会は健全な証拠といえる。多様性を認める寛容さを失う方が恐ろしいのだ。

 

アートの展覧会に賛否両論は付きものである。賛否が五分五分になれば、その企画は当たり。賛成も反対もない無反応の場合は、つまらない展覧会で失敗といえる。しかし、芸術祭の事務局に抗議の電話やメールが殺到。中にはテロ予告や脅迫もあり、圧力に屈する形で展示は3日間で中止になったという。市長、官房長官、右翼の街宣車ネトウヨらの連携により、「表現の不自由」が完結したとは皮肉である。

 

大村知事は会見で「ガソリン携行缶を持ってお邪魔する」とした脅迫FAXや、県職員個人への誹謗中傷が相次いでいることを挙げ、

 

「こういうことがあったと、多くの国民の皆様に感じていただければいいんじゃないかと私は思っています。私が威勢のいいことをいうことよりも、こういう事象があったということを、多くの方に知っていただくということではないかと思います」

 

と締めくくったそうだ。知事と市長の対応のギャップが凄いが、関わった政治家は鼎の軽重が問われた自覚があるのだろうか? 

  

 「ふだん隠蔽されている社会の暗部を可視化するのはすぐれて批評的な行為です。今回の愛知の出来事で、日本の暗部が深くかつ広範囲に可視化されました。嫌な話ですけれど、日本の暗部がこうして白日の下に晒されて、僕たちの住んでいる社会の実相を開示されたのは批評の手柄だと思います」。(内田樹

 

 【付記】

 5日の報道では問題の作品が置かれた展示室のみ閉鎖。作品は仕切り壁の向こうにそのまま置いてあるという。

 

 8日未明の警察の発表によると、慰安婦を表現した少女像について「大至急撤去しろや、さもなくば、うちらネットワーク民がガソリン携行缶持って館へおじゃますんで」などと記した文書をファクスで送った犯人が逮捕された。愛知県在住の会社員の男(59歳)とのこと。コンビニからファックスを送れば身元が隠せると考えた還暦間際の男は、店舗の防犯カメラや近隣の防犯カメラによって、自分の姿が記録されている自覚がなかったようだ。

 

 

f:id:seivoci0004:20190805121534j:plain

f:id:seivoci0004:20190805121608j:plain

f:id:seivoci0004:20190805121624j:plain

 

f:id:seivoci0004:20190805125524j:plain

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村

楽譜に書かれた音符もこういう動きになる?

太陽系の惑星の動き。少し離れて眺めるとこうなるとは気付かなかった。そこで連想したのが楽譜に記載された音の高低。上下移動の印象を受けるが、時間軸を加えると線形の軌跡を描いて流れてゆく。回転する惑星が手前に来ると強い音、向こう側に行くと弱い音みたいな。

 

 

 

 

にほんブログ村 クラシックブログ チェロへ

にほんブログ村